読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トクする!栄太郎のブログ

生命保険、営業、特許、はたまた瞑想などなど

公的年金は万一の場合どこまであてに出来るのか?

以前ご紹介した、
について、少し「はしょった」感じがあるので、もう少し細かくご説明しようと思いました。

そのために、各パーツについてページをわけて、後でリンクしようと思います。

 

知っておくべきこと

まずは国民年金か厚生年金か共済年金か?これが分からないとなんともなりません。

平均標準報酬月額→「平均標準報酬月額」とは、毎月の支払いの算定の根拠となっている数値です。時々届く「ねんきん定期便」に書かれていますのでそちらで確認ください。

 

公的年金による補填

遺族年金の制度があります。国民年金と厚生年金と公務員の共済年金の3種類があります。

オリックス生命保険のページに手頃な(必要充分な細かさがあり、かつ詳細すぎない)表がありましたので引用します。日本年金機構の説明は細かすぎて使えなかったです。

少々差はあるはずですが、だいたい同じなので厚生年金と共済年金は同じ欄に省略しました。

受給金額は1年間の合計額、単位は万円です。

  国民年金
(自営業者)
会社員もしくは公務員
平均標準報酬月額
25万円 35万円 45万円
遺族基礎年金 遺族基礎年金+遺族厚生年金
18歳未満

子供が居る
子供3人 130 170 187 203
子供2人 122 163 179 195
子供1人 100 141 157 173
18歳未満

子供なし
妻40歳未満 0 40 56 72
妻40歳~64歳 0 99 114 131
妻65歳以上 78 118 134 150

 

どうでしょう?多いと感じましたか?少ないと感じましたか?国民年金は遺族基礎年金しか出ないのに対して、厚生年金(共済年金)は遺族基礎年金にプラスして遺族厚生年金が加算されます。子供はあくまでも18歳以下が対象です。19歳以上の子供はカウントしません。

 

この記事が面白いと思ったら、下の「+読者になる」ボタンをクリックお願いします。もっと面白い記事を書く励みになります。

 


広告