トクする!栄太郎のブログ

特許、人柱としての報告や瞑想、たまに生命保険などなど、トクする情報を発信します。

HUAWEI P10 lite 専用 安心保証パックに入りました

HUAWEI P10 liteを買った私は、スマホの裏面までガラスでできているP10 liteに若干の不安を感じています。

サファイアブルーの筐体は確かに美しい。

f:id:m-eitaro:20180308225836j:plain

でも不安!

 

そこで、私は、メーカーの提供する安心保証パックに入りました。

その中で若干の躓きがあったので情報共有です。 

 

 

まず、 「安心保証パック」ってなによ?

バックリというと、アップルケアみたいなものです。

あらかじめまとまったお金を払っておくと、落下、水没が原因の故障でも有償で交換してもらえるものです。

以下の図は、ファーウェイのパージからの引用です。

サポート範囲

f:id:m-eitaro:20180316220909p:plain

サポート期間は?

f:id:m-eitaro:20180316220926p:plain

私は2年間を選択しました。

前のzenfone5は3年以上使ったんですけどね。

 

入るための期間的条件

加入するためには期間的な条件があります。

f:id:m-eitaro:20180316221356p:plain

製品を買ったら、すぐに保証を買わなくちゃってことです。

 

お値段は?

ファーウェイのオンラインストアで6,696円でした。

これで、水没/落下に関しても5,000円を払って交換してもらえます。

ちなみに、私は過去約20年、携帯を水没/落下で壊したことはありません。

今回HUAWEI P10 liteは見た目がキレイなので、手帳型のケースは使わずに純正のケース(透明)で運用しようとしています。

そうするとリスクは増えるわけで…。

 

加入の実際

P10 liteを入手した翌日には加入の手続きを開始しました。

検索すると楽天HUAWEIが出店していました。

大阪/東京の人は、梅田/銀座のショップで直接購入できます。ウラヤマシイ!

 

手続き

製品登録のご案内として次のものが同封されていました。

f:id:m-eitaro:20180316223424j:plain

 

対象製品の納品書またはレシートのコピー。

⇒ふんふん、P10 liteのAmazonの領収書を印刷すればいいのね。

本保証の購入証明となる納品書またはレシートのコピー。

⇒えっ!納品書は捨てたかも?楽天って領収証は発行していないような…。

これが今回の躓きです。

そこで、ショップにメールしました。

「納品書もレシートも手元にないのですが、これは楽天市場の購入履歴の画面プリントアウトでも代用可能なのでしょうか?」という内容です。

そしたら、すぐに

「お買い上げ明細書の欠落にてご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
 お買い上げ明細書を発行のうえ、本メール添付のpdfファイルにてお届けいたします。」

という返事が返ってきていました。

もしかして納品書はこちらの手違いで捨てたかもわからないのに!

親切な対応ありがとうございました。m(_ _)m

 

書類は?

これだけです。

f:id:m-eitaro:20180316224817j:plain

ちなみに記入の見本は?

f:id:m-eitaro:20180316224627j:plain

ちなみに、住所の記入箇所がなかったのでちょっと不安!

 

ファーウェイの場合はこうして保証を買えます。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。<(_ _)>

面白かったら、読者になっていただいたり、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

 

スポンサードリンク