トクする!栄太郎のブログ

特許、人柱としての報告や瞑想、たまに生命保険などなど、トクする情報を発信します。

マイネオにMNP転入する場合の実際の画面

予定より速くIIJmioMNP転出予約番号が取得できたのでさっそくマイネオに転入手続きを行いました。

事前に用意しておくべきなのはコレ!!!⇓

  ⇐エントリーパッケージ!

私は390円で買いました。(ゲッ!2018/03/14見たら462円に上がってる!!!)

 

転出元の、IIJmioMNP転出番号はこのように地味に表示されます。

f:id:m-eitaro:20180313233937p:plain

ここからが本番です。

 

画面の羅列が続きます

申し訳ありませんが、お付き合いください。

実際の申込みの際には役に立つと思います。

なお、枝葉に相当する部分は後ほど説明するとして本線の説明を優先します。

 

まず、

にアクセスします。

なお、上のリンクは紹介キャンペーン用のリンクです。

2,000円分のAmazonギフト券が欲しい方はどうぞ上のリンクをお使い下さい。

 

私としては、

から飛んでもらうのが嬉しいですが(笑)。

 

f:id:m-eitaro:20180313235659p:plain

私は新規申し込みです。

申し込みに必要な書類は次の通り。

f:id:m-eitaro:20180314000804p:plain

 

私はAmazonでエントリーパッケージを買っているので、右側を選択。

パッケージのエントリーコードを入力します。

f:id:m-eitaro:20180314001024p:plain

  ⇐エントリーパッケージはこれ!

 

f:id:m-eitaro:20180314001804p:plain

サービス種類などを聞かれます。

私は、少し、高いですが、色々と制約の少ない「ドコモプラン(Dプラン)」を選択。

音声通話も必要なので「デュアルタイプ(データ通信+音声通話)」を選択。

家ではワイファイを使えるので3GBあれば充分!

通話はほとんどしないので通話サービスは不選択。⇒「申し込まない」

 

f:id:m-eitaro:20180314002620p:plain

私はすでにAmazonで⇓を買っているので欲しいのはSIMカードだけです。

      

 

f:id:m-eitaro:20180314002718p:plain

P10 liteはnanoSIM(一番小さい:iphoneと同じ)なのでnanoSIMを選択します。

これは、ご自分のスマホの名前で検索下さい。

例えば、「P10 lite SIMサイズ」などのワードで検索すればOKです。

 

f:id:m-eitaro:20180314003244p:plain

MNP転入にあたってMNP予約番号などの入力が要求されます。

最初にあるように、まず、MNP予約番号を入手するのが先決です。

 

オプションを選択します。ご自由に!

f:id:m-eitaro:20180314155300p:plain

私は1個も選択していません!

詳しくは下記画面のリンクをたどって下さい。

f:id:m-eitaro:20180314155430p:plain

 

以下は個人情報の入力です。

f:id:m-eitaro:20180314161519p:plain

f:id:m-eitaro:20180314161548p:plain

f:id:m-eitaro:20180314161607p:plain

メール配信設定については、私は全部不要にしました。

これは好みです。

 

次に本人情報のアップロードです。

f:id:m-eitaro:20180314162042p:plain

f:id:m-eitaro:20180314162105p:plain

本人確認書類として、免許証のスキャンデータをアップロードします。

私の場合は免許証の写真をスマホで撮ってパソコンからアップロードしました。

 

f:id:m-eitaro:20180314162654p:plain

同意を求められました。

面倒ですが、一応チェックして下さい。

チェックせずに同意するウラワザもあります(笑)が、良くないと思います。 

そしたら下の画面です。

f:id:m-eitaro:20180314162940p:plain

 

こんな画面にも遷移します。

f:id:m-eitaro:20180314163023p:plain

 

これで、数日待てばSIMが届くと思います。

 私も乗り換え半ばです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。<(_ _)>

面白かったら、読者になっていただいたり、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

スポンサードリンク