トクする!栄太郎のブログ

特許、人柱としての報告や瞑想、たまに生命保険などなど、トクする情報を発信します。

耳鼻咽喉科では「鼻中隔湾曲症の矯正」と「下鼻甲介切除」はワンセットで「鼻開手術」と言うそうだ

スポンサードリンク

 

昔々の手術の話です。

f:id:m-eitaro:20180108212038j:plain

 

いきさつ

前々から、睡眠時無呼吸症気味で、検査の結果は、治療の必要なしとのことでした。
でも気になるので、精密に検査してくれるところで見てもらったら、治療をするなら鼻中隔湾曲症を直して鼻の中の粘膜を一部切除する治療を勧められました。

その医療機関から、近くの市民病院に紹介してもらって手術を行いました。

 

どうやら、耳鼻咽喉科では、「鼻中隔湾曲症の矯正」と「下鼻甲介切除」はワンセットで「鼻開手術」と言うようです(先生たちの会話から類推)。

 

その手術の模様をお伝えします。

なお、本文章には流血の惨事の模様が書かれており、この日記を読んで貧血になっても助けてあげることは出来ませんので、ご注意ください。

 

手術の様子

麻酔

手術は午後に始まりました。前準備として精神安定剤を2回に分けて注射されました。

この時点で私は「あ~こりゃこりゃ」状態になり、手術室に運ばれていきました。

 

手術室では、まず、点滴のルート確保のために、点滴が始められました。
並行して局所麻酔です。麻酔の液に浸したガーゼを鼻の奥に何枚も突っ込みます。

「冷たい!」この時点で一瞬我に返りましたが、手術中に動くわけには行きませんので我慢します。何枚ガーゼが入ったかわかりませんが、入れたらすぐに抜きました。

「あれ?」と思っているとどうやら注射針で本格的に鼻の中に麻酔薬を打っているようです。
当然麻酔が効いているので注射針など痛くありません。でも、漏れて来る注射液がのどに落ちてきて苦かったです。

 

手術開始~前半

次にメスが鼻の中に入っている様子(痛くないです)、鼻中隔の粘膜を剥がしているようです。

どうやら粘膜を剥がして露出した鼻中隔の軟骨を削っているようです。

痛みはありませんが粘膜をこする「きゅっ、きゅっ」という音は聞こえます。

私の鼻中隔の軟骨はどうやら曲がり方が強かったらしく先生が悪態をついているのが聞こえます。

ネット上の事前知識では軟骨は切り捨てると思っていたので意外でした。

ここでどうやら意識を失った(単に眠った?)ようです。その間に「下鼻甲介」というものは切り取られたようです。

 

手術後半

次に意識が戻った時には、鼻の粘膜(多分、下鼻甲介)に電流を流して焼いているところでした。

麻酔が切れかけているらしく、針状の物を粘膜に差し込んで次の瞬間に熱くなるという繰り返しを感じました。
先生に「痛いですぅ~!」とマヌケな意思表示をしても「我慢してねぇ!」という返事です。

精神安定剤でボケていた私は数回このマヌケな会話を繰り返していました。
後で先生に尋ねたら、「出血が多かったので焼きました」とのことでした。

想定外の事態なので麻酔が切れてたのね。

これで手術はおしまいで、止血のためにガーゼをたくさん鼻に詰められて手術室を後にしました。

 

流血のガーゼ抜き 

手術後、鼻の中にガーゼが詰められていると思っていました(だってネットで調べたらそう書いてあったんだもん)。

しかーし!詰まっていたのは脱脂綿のカタマリが1個づつでした。

手術後、3日間は止血用の脱脂綿が入っていて、鼻で息が出来なくて苦しかったです。

それまでは、鼻が詰まっているとはいえ、まがりなりにも口を閉じて呼吸できていましたので・・・。

しゃべるのもおっくうです。だって言葉が相手に理解されないことが多くなります。飲み物を飲むにも、以外に鼻に空気が抜けていかないと難しいことが解ります。

 

そんなこんなで悪戦苦闘の3日間を経ていよいよ脱脂綿を抜くことになりました。
先生からは、「これから脱脂綿を抜きます。血が100cc程度出ますが自然に止まりますからあわてないで下さいね」と言われました。  

100cc程度って結構な量ですよねぇ。

 

そしてソラマメ型の医療用の皿(なんとなく解りますよね?)を顔の前に持たされて、ピンセットを鼻に入れて一気に脱脂綿を抜きました・・・。両方の鼻の穴で2秒かからないほどの早業です。
ソラマメ型の医療用の皿の上に乗ったその脱脂綿は、少し大きめの赤身の刺身に見えました。ほぇ~!と感心していると、先生は、すぐに「真下を見て!」と言いました。そのとたん鼻先から血がポタポタ(と言うよりトトトトトッという感じ)と流れてきました。血はどんどんとソラマメ皿に溜まっていきます。確かに100ccほど出たところで完全に出血が止まらないのを見て、先生が、「仕方ないのでガーゼを入れようか」と言われて、液(多分キシロカイン)に浸したガーゼを鼻の穴に2枚づつ入れました。それで、とりあえず血は止まり、30分ほど自分のベッドで下を向いたまま待機しました。

 

そして、もう一度、そのガーゼを抜いても出血が少量であることを確認して、その日は終了しました。

 

えらい目には会いましたが、鼻はスースーと息が通り、それまでの3日間とのコントラストもあってとても快適でした。
その後3日分の睡眠不足を解消するかのように眠り続けたのは言うまでもありません。

 

その後

もう一度、流血の惨事なのですが、割愛します。

退院後、快適な状態でした。

退院した時点で、なんの不安もありませんでした。

血圧もど~んと下がったので、睡眠時無呼吸も改善されたのだと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。<(_ _)>

面白かったら、読者になって頂いたり、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

 

スポンサードリンク