トクする!栄太郎のブログ

生命保険、営業、特許、はたまた瞑想などなど、トクする情報を発信します。

中毒性あり チキンカレー をアレンジしてチキン煮込みカレーを作りました

今日は連休最終日。

いつも作るチキンカレーをアレンジして、チキン煮込みカレーを作りました。


スポンサードリンク

 

レシピは、

 

いつも作る上のリンクのカレーとほぼ一緒です。

異なる点は、胸肉の代わりにササミを買ってきました。

約300gです。

 

まずは、ササミから

火をつけずに油を敷いてフライパンにON!

後でほぐすので、この時点でスジは取りません。

f:id:m-eitaro:20170816213224j:plain

火をつけて(中火)様子を見ます。

よーく観察していると

加熱されたタンパク質が白くなっていきます。

厚みの約半分まで白くなったらヒックリ返すタイミングです。

下の写真の上から2番目がそのタイミングです。

f:id:m-eitaro:20170816213516j:plain

 

半分熱が通ったものからひっくり返します

全部ひっくり返したのが下の写真

f:id:m-eitaro:20170816213831j:plain

いい感じに焼けています。

ひっくり返したらさっきと同じ時間程度焼きます。

まぁ、新しい面もちょっとコゲ色が付けば充分です。

生の部分があってもドンマイ!どうせ後で煮込みます。

OKと思ったら火を止めて放置。冷まします。

 

ササミを冷ましている間に玉ねぎをみじん切り

鷹の爪3本を半分に切って殆どの種を捨てます。(少しは下の写真のように使います)

f:id:m-eitaro:20170816214447j:plain

おろしにんにくとおろし生姜をニュルッと入れておきます。

上のみじん切りの作業が終わるとさっきのササミが手で触れる程度に冷めます。

そこで、ササミを手でほぐします

写真がなくて申し訳ありません。

なにせ手でササミをほぐしているので、スマホをサワレナイ・・・。

ほぐしたササミをヨーグルト(200g程度)にIN!

f:id:m-eitaro:20170816215205j:plain

味的に意味があるのか不明です。

しかし具材を予めまとめておくと言う観点では意味があります。

 

カットトマト(缶詰)はザルを使って水分を落としておきます

f:id:m-eitaro:20170816215912j:plain

ホールトマトの場合はさらにトマトをぶつ切りにして実の中の水分を落として下さい。

ホールトマトの場合はこの作業をしないと酸っぱいカレーに泣きますヨ。

 

火をつけ、さっきの玉ねぎのみじん切り等をフライパンにIN! 

f:id:m-eitaro:20170816220303j:plain

暫く加熱して下の写真のように飴色になってきたら、

f:id:m-eitaro:20170816220436j:plain

カレー粉(大さじ2杯半)投入

おおきな400gの缶を買ってしまったので、暫くはインデラカレー粉です。

全然不満はありません(おいしいよ)が、色々なカレー粉を試してみたいので、400gの缶を買ったのは失敗だったかなぁ。

下の100gの缶を買うことをオススメします。

 

f:id:m-eitaro:20170816220535j:plain

カレー粉がしっとりすればOK。

水気を切ったカットトマトを投入

f:id:m-eitaro:20170816221505j:plain

混ぜつつ火を通します。

こんな感じ↓。

f:id:m-eitaro:20170816221615j:plain

 

ササミの入ったヨーグルトをIN!

水600ccをIN!IN!

塩小さじ1杯IN!

コンソメ顆粒大さじ2杯弱 IN!

しまった中途経過の写真を撮り忘れた!

f:id:m-eitaro:20170816222255j:plain

1時間弱煮込みます 

バター約20gIN!

f:id:m-eitaro:20170816222412j:plain

砂糖小さじ1杯半IN!(これは人間の本能に訴えかかるため)

ウスターソース大さじ1杯IN!

水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1杯程度+水50cc程度よく混ぜて)IN!

(ドロっとしなくても良いのなら水溶き片栗粉はなくても良いです)

 よく混ぜながら、ひと煮立ち!

出来た! 

f:id:m-eitaro:20170816222804j:plain

今回は会心の出来でした。

香りにつられてやってきた、隣の家に住んでいる姪っ子と甥っ子にも振る舞いました。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。<(_ _)>

面白かったら、読者になって頂いたり、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。