トクする!栄太郎のブログ

生命保険、営業、特許、はたまた瞑想などなど、トクする情報を発信します。

隅田川花火大会の思い出(2014,2015)

2017年の隅田川花火大会は天候により尻切れになってしまったようです。

残念ですね。


スポンサードリンク

 

実は、私は、2014年~2015年の約2年間を単身で墨田区に住んでいました。

住む場所は浅草の駅に近いのがいいなぁと思って選んだだけでしたが、住んでみるとトンデモなく良い立地のところでした。

なんと、隅田川花火大会の第二会場の真ん前なのです(地図参照)。

f:id:m-eitaro:20170730191048p:plain

2014年は、妻と次女を呼んで堪能しました(長女は何か用事があった)。

2015年は、兵庫県の母を呼んで親孝行しました。

 

隅田川花火大会は都会で行われるので、近隣住民には都会なりの苦労があります。

例えば、前日の夜中に道路にガムテープで場所取りをしています

何故かと言うと隅田川の両岸には10階建て以上のビルが立ち並び、花火を見ることが出来るのはビルの隙間しかありません。

下の写真の夕日が当たっている部分しか見えないはずです。

f:id:m-eitaro:20170730191644j:plain

この写真は、私の住んでいた11階建てのマンションから撮影しました。

これが、ひとたび交通が遮断されると、次のようになります。

f:id:m-eitaro:20170730191828j:plain

最終的にこのようになります。

f:id:m-eitaro:20170730191918j:plain

ビルの隙間からしか見えないのでこのように場所取り合戦になります。

 

私はと言うと、花火大会の1週間前くらいにマンションの管理会社から、抽選するよという案内が来て、応募します。

当選すれば、当日、屋上にご招待です。

実はマンション住人を招待すると言うのは管理会社のポーズで、実際は管理会社の花火大会宴会会場の一部を住民に開放しているに過ぎません。

でも、管理会社の人はわざわざ、椅子を準備したりしてくれていますのでありがたいです。

私は、2年とも当選して屋上から至近距離で花火を見ることが出来ました。

う~ん!至近距離で見る花火は素晴らしいです。

 

なお、当日は17時を過ぎると人がどっと増え、身動きができなくなります。

なので、その前に食料やビールを買い込んで部屋で酒盛りをしながら時間を待ちます。

花火がどど~んと上がっているときには屋上で鑑賞。

終わったら自室に戻って、録画した花火中継を見ながら酒盛り。

あとは寝るだけ。

なんて恵まれた環境でしょう!

もう単身赴任は終わっちゃいましたけどね(TдT)。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。<(_ _)>

面白かったら、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。