トクする!栄太郎のブログ

生命保険、営業、特許、はたまた瞑想などなど、トクする情報を発信します。

鉄腕ダッシュ 岐阜県美濃市のPRに思う

f:id:m-eitaro:20170709204421j:plain

たった今テレビで鉄腕ダッシュを見ました。

巨大なゴム動力飛行機を飛ばして岐阜県の美濃和紙のPRをしたいという内容です。

撮影地は池田山のハンググライダーとパラグライダーのテイクオフです。

 

結果は「失敗したモノの美濃和紙の強度はPRできた!」という内容でした。


スポンサードリンク

 

でも、池田山で、たくさん飛んだフライヤーとしてモノ申したい!

 

飛ばす時間帯を選べばあんな結果にはならなかった!

 

飛ばした直後に墜落しましたが、あれは、

ローター(乱気流)に上から叩かれた典型的な例でした。

山の後方から風が来る、典型的なフォローの状態だったのです。

このフォローの風が山に巻き込まれる形でゴム動力飛行機を上から叩きました。

 

そもそも池田山は午前中しか飛べないエリアなのです。

なのに、夕方に飛行を決行した。

これは間違いです。

池田山でよく飛ぶフライヤーに聞けば、10人中10人とも、

「模型飛行機を飛ばすのなら午前中の早いうちが良いよ。」

と言うはずです。

できれば、日の出直後の気流が安定している時間帯が望ましいです。

もう、昼を過ぎればフォローになります。

そうなると、地元フライヤーは絶対飛びません。

さらに、よそのエリアから飛びに来たフライヤーが飛ぼうとすれば必ず制止します。

 

残念ながら、フライヤーの意見を聞かなかかったのか、それとも撮影のスケジュールに流されて、夕方のフライトになったようです。

 

機体の性能が申し分なかっただけに残念です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。<(_ _)>

面白かったら、読者になっていただいたり、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

 

また、

も読んでみて下さい。

ちょっと笑えます。