トクする!栄太郎のブログ

生命保険、営業、特許、はたまた瞑想などなど

子供の学費はいくらかかるのか?

以前ご紹介した、
について、少し「はしょった」感じがあるので、もう少し細かくご説明しようと思いました。

そのために、各パーツについてページをわけて、後でリンクしようと思います。

 

子供の教育費

文部科学省平成26年度子供の学習費調査では次のようになっています。これが2017年5月時点の最新資料です。学校教育費と学校外教育費の合算値です。

必要保障額を計算できれば良いので、発表の数値を丸めて単位を万円にしました。 

区分 年齢 公立 私立
幼稚園 3歳 3 18 49
4歳 4 20 48
5歳 5 25 52
小学校 第1学年 6 36 186
第2学年 7 24 131
第3学年 8 28 135
第4学年 9 30 147
第5学年 10 33 156
第6学年 11 42 167
中学校 第1学年 12 46 162
第2学年 13 41 115
第3学年 14 58 124
高校 第1学年 15 49 118
第2学年 16 39 94
第3学年 17 35 86

 

公立学校と私立学校の学習費の差は、私立は公立に対し、

幼稚園では2.2倍、

小学校では4.8倍、

中学校では2.8倍、

高等学校では2.4倍

となっているようです。

 

大学についての目安

大学については千差万別で、公立か私立か、文系か理系か、自宅か自宅以外かで大幅に異なります。

公立で自宅通学で学校教育費と学校外教育費の合算値で年間100万円~

私立で自宅通学で文系なら同様に180万円~、理系ならば2割増し程度~

が目安です。当然上は選択肢によってドンドン高くなります。

子供を持つ親にとってはナカナカ恐ろしいです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が面白いと思ったら下の「読者になる」をポチっとお願いします。

更新の励みになります。<(_ _)>


広告