トクする!栄太郎のブログ

生命保険、営業、特許、はたまた瞑想などなど、トクする情報を発信します。

生命保険の基礎用語(その3)

◎知っていてください用語

・全期払いと短期払い

全期払いとは、保険期間と保険料支払い期間が一致するものです。

例1:終身保険の終身払い

例2:60歳払い済み60歳満了定期保険

 

短期払いとは、保険期間よりも保険料支払い期間が短いものです。

例1:終身保険60歳払い済み

 

これは特約の保険期間でも同じことが言えます

例:郵貯の「ながいきくん」は終身保険ですが、例えば60歳で払い済みになっても、医療保障(入院特約)も終身でついてきます。これは私の知る限りほかの保険会社では扱っていません。

例:私が生保営業をしていた頃に、終身保険入院特約をつけた場合、次のようにしていました。

終身保険の保険期間→終身

保険料支払い期間→60歳払い済み

入院特約の保険期間→70歳満了

どうです。ちょっと気が利いているでしょ。こんなところをお客さんにアピールしていました。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が面白いと思ったら下の「読者になる」をポチっとお願いします。

更新の励みになります。<(_ _)>


広告