読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トクする!栄太郎のブログ

生命保険、営業、特許、はたまた瞑想などなど

確定申告終了

確定申告が終了しました。イマイチ申告手続きの全貌を理解しきっていないので役に立たない書き込みになるかもしれません。

f:id:m-eitaro:20170311184338j:plain

確定申告は、

・全部手書き

・全部パソコン

・パソコンで作成、自分で税務署に提出→今回はこのパターン

のパターンがあります。

 

去年の確定申告で説明会場に行ったところ、「パソコン使えるならこっちのコーナーでやってください」と言われ、パソコンで行いました。私は事前に医療費をエクセルでまとめていたので、あれよあれよと言う間に出来ました。

印刷して、その場で税務署の職員に提出してオシマイでした。

その際に国税電子申告・納税システムの利用者識別番号という16桁の数字を貰いました。

今年は、その利用者識別番号があったので、自宅から、

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

に入って、作業しました。去年と同じです。医療費はこのシステムで入力しましたが、使い勝手が悪いので、来年からは自分でエクセルで表を作って合計額のみ入力しようと思いました。

全部入力が完了したら、申告書のpdfファイルが出来ます。これを印刷して、添付資料(源泉徴収表、マイナンバー通知書の写し、免許証の写し、領収書)を付ければ完成です。

 

全部パソコンで作業するにはどうやらマイナンバーカードを作ってカードリーダーで読み込ませないといけないようなので、断念しました。

 

来年は、必ず全工程を自宅から行って完結させます。

タイヤの交換を安く上げるには?続報

先日上げた、 

www.m-eitaro.com

 の続報です。

見積もりのお願いの回答です。

--------------------------------------------------------------------------

[見積り明細]
はめ替え、バランス(アルミホイール)4本   :12,960円
はめ替え、バランス(スチールホイル)4本   :8,400円
廃タイヤ 4本   :2,160円
エアバルブ゛ 4本   :1,512円
--------------------------------------------------------------------------

私は、スチールホイルです。合計で12,072円!ないわー!

そもそも、アルミと鉄で作業料金が違うのは理解できない。

(気持ちは分からないでもないが)

 

ここはダメダメなのを確認して、他の場所のホームページを覗くと(4本の合計です)

--------------------------------------------------------------------------

はめ替え、バランス 4本      :5,400円

廃タイヤ      4本      :1,296

エアバルブ     4本      :1,080円

支払い合計:7,776円

--------------------------------------------------------------------------

これでいいじゃん!決定!!

 

わざわざ、エアバルブも交換するのは、高々数百円の部品で怪我をしたくないからです。

タイヤの交換

で、タイヤの選択は?

価格.comで選びました。

どうやって選んだか?

レビュー、口コミ完全無視です。

何故かって? タイヤの良し悪しはそう簡単に分かる物ではありません。

だって、比較の対象が

「前の磨り減ったタイヤVS新品のタイヤ」

ですよね?これって公正な比較になります?

その他にも友達の車に乗ったら、ほにゃららだった。タイヤを見たら***だった。

とか、それって大事なパラメータの車を無視してるでしょう?

例えば、電気掃除機のレビューや口コミならある程度信用しても良いかと思いますが、タイヤの比較はプロでないと正確な表現はできないと思います。

さらに始末の悪いことにタイヤは趣味性が強いらしく、ミシュランのタイヤしか認めないというような偏狭なレビュアーがいることです。知らんがな!!!

ちなみに、私の今履いているタイヤはミシュランですが、私の感性では、ミシュランのタイヤの真円度のすばらしさは分かりません!

 

じゃあ、どうやって選んだの?

単純にスペックです。私が重視するのは「燃費性能」と「ウェットグリップ」です。

幸いにも業界統一の表示規格があるようです。

そこで、上記2つの性能が高く、納得の出来る値段のものを選択しました。

結果、ダンロップのエナセーブ RV504 185/70R14 88Hに決まりました。

送料込みで、23,524円です。なお、値段は同じでしたが、カード決済できるところを選びました。

送り先を、先ほどの工場にしました。同時に、工場のほうにも予約を入れました。

 

つぎは、その工場の対応とか、私の感性で綴る当てにならないロードインプレッションを紹介します。

  

www.m-eitaro.com

 

タイヤの交換を安く上げるには?

去年の6月に車検を受けました。その際、整備工場の人に「タイヤは溝の深さは充分だけど、劣化し始めているから早めに交換してね。」ってアドバイスを貰いました。

私の車は車齢が14年なので出来るだけお金を掛けたくない。その一方でタイヤはケチれない。というジレンマが襲います。

 

タイヤの交換

ためしに近所のタイヤ館(ブリジストンの小売店です)に行くと185/70-14インチの4本セットで約6万円前後でした。ちなみに私の記憶では、他の大手カー用品店は、ここよりさらに高いです。

じゃ、価格.comで調べたところ、そこそこ性能のよさげなタイヤが、最安値で、5,000円前後、送料込みで6,000円弱です。

6,000円×4本=24,000円

はめ買えと、バランス取り、バルブ交換、廃タイヤ引取りで、1本あたり2,000円くらいですから単純計算で32,000円で済みそうです。

 

調べてみたら、自宅周辺に持ち込みでタイヤ交換をやってくれるところがポツポツとあります。

 

あとは見積もりのお願いと、通販タイヤの直送を受け付けてくれるかのチェックです。

現在、よさげなところに見積もりをメールでお願いしてあります。

 

近いうちにどうなったかをレポートします。

何も考えずに交換すると6万円、調べて動けば3万円強です。あなたなら、どちらを選びますか?

 

続編は、

 

www.m-eitaro.com

 参照ください。

自動車保険の更新(おとなの自動車保険)

妻(加入時48歳)の自動車保険の更新時期が迫っています

4月26日が更新です。

f:id:m-eitaro:20170308221906j:plain

 

契約内容はバックリと、(車はパッソ1000cc、20等級)

・対人・対物無制限

・人身傷害5000万円(人身車外保障特約)(人身家族おもいやり特約)

・搭乗者傷害500万円

・車両(車対車限定)70万円

・ロードアシスタンス

・弁護士費用特約

・個人賠償責任(無制限)

特記事項として、長女(加入時21歳)も運転者に入っています。

これで年間保険料49,820円です。

長女も運転するという前提になっているので高いです。

 

で、更新を前に、4月1日以降、長女が「同居の未婚の子」から「別居の未婚の子」に変更になりますのでその手続きをしました。

これで、年間保険料が32,580円に減りました。なんと17,000円以上下がります。

でも残念ながら変更してから満期まで、1ヶ月ないので返戻金はありませんでした。

それなら、長女は実質運転しないのでもっと前から変更しておくべきだったと思いましたが後の祭りです。

 

では、本題の更新です。

と思って更新ボタンを押しましたが、契約変更を受け付けましたので更新の手続きはもう少し待ってねという意味のメッセージが出ました。ガ~ン!

 

で、一応念のためSBI損保のページで、同様な内容で見積もりなおしました。

 

完全に同じ条件には出来ませんでしたが、ほぼ同じ条件に揃えた場合SBI損保の方が数百円高かったです。それは誤差のうちとしても、個人賠償責任保険特約がないのが私から見たら致命的です。

数年前、私の自動車保険SBI損保にしましたが、個人賠償責任保険特約がない為、妻にはおとなの自動車保険に加入してもらいました。(一家全員カバーですので)

そのころはおとなの自動車保険の方が少し高かったのですが、逆転したかもしれません。自分が更新する際には精査することにしましょう。

 

ここに登場した2つの損保会社が保険料的にお勧めです。

運転者の条件(等級、年齢)にもよりますが、一般的に事故の確率が低い人たちは良いのではないでしょうか?

その他に検討の俎上に上げても良いと思われる保険会社は、チューリッヒ三井ダイレクトくらいかと思います。

色々なサイトで通販型の自動車保険のランキングを付けていますが、後ろ暗いおとなの事情でついたランキングなので無視してもよいかと思います。

なぜ、わかるかって?中身を見てやってくださいよ。数字を交えないあいまいな表現しかないでしょ?

たぶん顧客満足度は横並びです。どこの会社も顧客にそっぽを向かれると致命的ですから。

 

じゃ、大々的に宣伝している家電メーカみたいな名前の保険会社は?って聞かれると、私に言わせると明らかに高いです。宣伝費用がバカにならないのでしょう。だから、保険料を強調するのではなく「顧客満足度」という、アンケートのしかたでいくらでも情報操作出来る指標を前面に押し出すのではないでしょうか?

 

これらは、皆さんがWeb上で見積もりをしてみれば分かると思います。

生命保険の必要保障額の計算法(既婚者かつ大黒柱)

栄太郎は、失効したものの、日本ファイナンシャルプランナーズ協会のAFP(FP中級)を取得しました。

 

今まで保険について、色々とお伝えしてきましたが、必要保障額の計算についてお伝えします。

ここでは、エクセルで加減算が出来るレベルの知識が前提です。

 

まず、次のサンプルのような表を作る必要があります。

必要保障額の計算

まず、家計を支えている大黒柱の年齢、配偶者の年齢、子供の年齢を並べます

上の表で最初の4列がそれにあたります。

次に残された家族が、年間いくらあれば生きていけるかを各年、並べます。ここでは生活費の列になります。上記の例では200万円としています。この数値は持ち家か賃貸かによって大幅に変わると思います。

次に、子供の年齢ごとに年間いくらかかるかを予測して記入します。

上記の例では大雑把に、

保育園に行く前→10万円

保育園児は→30万円

小学生→20万円

中学生→30万円

高校生→40万円

大学生→120万円

としてあります。これは当然、公立学校に行くか私立学校に行くかで異なりますので、皆さんの自由です。この例は比較的楽観的に見積もってあります。

生活費と子供の費用(学費)で年間の費用合計が出ます。これが「費用合計」の欄です。(黄色

 

一方で、収入もあります

子供が保育園に行く前は手が放せないと思いますが、それ以降は年間150万円は稼ぐと仮定しています。

遺族厚生年金も入ります。

詳しくは、

遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)|日本年金機構

を見て計算いただければよいのですが、平均的なサラリーマンなら、この表からそのまま数字を持っていっても大差ありません。18歳未満の子供が一人なら約138万円、二人なら約160万円としてあります。国民年金なら100万円と122万円です。

その他、老齢年金については、私の勉強不足もあり、いい加減な数値になっています。どちらにせよ数十年先の厚生年金はあまり当てにしてはいけませんと言う意味を込めて辛く見積もってあります。

妻の収入と年金の収入を合わせたものが収入合計の欄(緑色)です。

そして「収入合計」から「費用合計」を引いたものが「単年過不足」になります。

この「単年過不足」を夫年齢83歳のところから積み上げていったもの(過不足の積上げとしていますが)必要保障額です。

 

ここでの計算のミソは、

・単年ごとに収入と支出を明確にし収支を計算すること。

・単年の収支を未来から現在に積み上げること。

です。このセオリーを守るなら、子供が結婚する際の資金援助等を計算に組み込むことも可能です。

必要保障額

現時点でまだ生まれていない第2子を計算しているので夫年齢48歳くらいにピークが出来ていますが、基本、このグラフで右上がりの部分は貯金できているという状況なので、ここを無視して、晩年(後ろ)から48歳くらいを結んで、その延長線が必要保障額としても良いです。(下図)

必要保障額

そうすると、現時点での必要保障額は3000万円~4500万円ということになります。

このように、必要保障額の算定の根拠を自分で一つずつ押さえていけば納得の出来る必要保障額のグラフになります。

 

これは、これからの自分のお金の出入りを予測するのに良い方法です。少し変えれば自分の必要な老後資金の計算も出来ます。

 

他人任せでは、なんか騙されているっていう感覚も残りますが、自分でやれば大納得できます。

ただ、この計算方法にも弱点があって、インフレ、デフレは計算に入っていません。

当然のことながら、直近5年くらいの傾向は予想も出来そうですが、上記のように50年以上のスパンにわたり予測するのは困難を極めます。そういう弱点は知った上でご活用ください。

それでも、Webで行う保険会社の見積もりよりもよっぽどきめ細かい見積もりになります。

出来れば、この方法を拡散ください。

住宅ローンの繰上げ返済のススメ

住宅ローンの繰上げ返済はお得と言う話です。

ただ、一方で「借金も財産のうち」という話もありますので、平等を期するためにこちらも私の解釈をお話します。

 

住宅ローンの返済は次の図をご覧下さい。当然金利によってグラフの形も変わりますのでご注意を。住宅ローンの繰上げ返済

このグラフは毎月の返済のうち、どれだけが借金の返済につかわれて、どれだけが利払いに使われているかを示すグラフです(返済プランのデータをエクセルに入力すれば自分のグラフがつくれますよ)。

 

縦軸が毎月の返済額、横軸が返済期間の時間経過です。すると、この長方形の面積が返済総額に相当します。

この長方形の中の曲線は毎月の返済額のうち借りた額の元本の返済額と金利に対する返済額の分岐点を結んだものです。

そうすると、この曲線よりも下の面積が元本の返済額、この曲線よりも上が金利に対する返済額となります。

 

これを見ると、返済開始直後は毎月の返済のうちの大半は金利の返済に使われています。これを「元利金等払い」と言います。「元利金等払い」と言うのは「元金と金利を合わせた額を均等にする」と言う意味です。

対語として「元金均等払い」と言う方法もあります。「元金均等払い」は、文字通り元金を均等に分割して返済する方法です。元金は均等ですが利払いは最初のほうが多いので、毎月の返済額は最初のほうが多く、だんだん少なくなってゆきます。

が、これを許してくれる銀行はほとんどないでしょう。なので、「元金均等払い」の説明は省略します。

 

私の場合、30年ローンを開始した直後は、元金の減少額が毎月1,000円にも満たないので愕然とした覚えがあります。なお、返済総額は借りた額の約2倍になりました。

 

では、なぜ、繰上げ返済が有利なのでしょう

例えば、すごく早い時期に上記のグラフで200万円繰り上げ返済したと仮定しましょう。このグラフの中で、200万円は黄緑色の領域です。

当然元金は一気に200万円減少します。

 

それだけ?当たり前じゃん!

 

それだけではありません。繰り上げ返済によって返済された分の金利も払わなくてよくなるのです。上のグラフで言うと緑色の領域の真上の金利の黄色い領域になります。

ここで、黄緑色の領域の面積と黄色の領域の面積をよ~く比較してください。

圧倒的に黄色の面積の方が広いですよね。

そうです、住宅ローン初期の繰上げ返済は、投入金額の2倍以上の効果を発揮することがあります(時期と金利により異なります)

 

これが私が繰り上げ返済をお勧めする理由です。

 

では、一方で、「借金も財産のうち」と言う言葉もあります。

1.信用力

 信用力があるから借金ができるのです。私も最初の会社(一部上場企業です)の社員という信用力を生かして住宅ローンの借金をしました。借金が完了したら会社をさっさと辞めて保険会社の営業に転向しました。

 

2.相続の際のテクニック

 借金を生かして相続額の総額を引き下げて相続税額を引き下げるテクニックがあります。

 

3.安い金利で残りの借金額もすくないのなら、あわてて返済しないのも手です。

 あとは、ゆるゆる返済すればよいのなら、わざわざ貯金を取り崩す必要はありません。貯金は緊急時のための蓄えでもありますから、返済のために緊急時資金をなくしてしまうのは考えものです。

 

 このように種々のリスクに備えたバランスの良いお金の使い方をしたいものです。

f:id:m-eitaro:20170128235303j:plain

瞑想すると何が起こるのか?

久しぶりの瞑想に関する記事です。以前に、 

 で、瞑想を2種類紹介しました。さらに、 

 で具体的な瞑想のやりかたについて注意点をお話しました。

そしたら、瞑想中に何が起こるの?と言うのが今日のテーマです。

自分の経験を書きます。

瞑想

 

まず、瞑想を始めて2分もすると「あれっ、肩に力が入っている。」とか、「腰周りの筋肉が緊張しているぞ。」と気がつきます。そしたら意識して力を抜いたりしてください。抜いた結果、「あ~なんか楽になった。」と感じるならそれでOK

力を抜こうとして抜けない、緊張を解くことが出来ない場合や、また、抜いた結果として不自然だと感じた場合でも問題はありません。まだ、単に時期が来ていないだけです。そこにこだわらず呼吸に意識を戻してください。

体は連動しています。特定の筋肉が無意識に緊張している場合は、他の筋肉の緊張が解けないと力を抜くことが出来なかったり、心の緊張が反映している場合があります。

瞑想を続けているとだんだん分かってくるのですが、意外と体と心は不可分であることに気がつきます。

例えば体の歪みはそのような姿勢を続けている習慣に原因があることが多いのですが、一方で、驚くほどネガティブな精神状態を反映していることが多いです。

 

以前ご紹介した「CAMB」という瞑想のセッションで行った実習ですが、3人一組でお互いの姿勢のゆがみを計測する実習がありました。

重りをつけた糸とメジャーを使って、本人がニュートラルな姿勢で立っていると思っている姿勢を計測します。すると、「右肩のほうが上がっている」とか「腰骨は右のほうが前に出ている」とか「頭左に傾いている」とか、色々分かります。

5mm単位の精度で20箇所ほど計測したかなぁ。

まず、1時間ほど時間をかけて3人とも計測します。意外と歪んでいるものです。

しかし、これで終わりではないです。

次に6人くらいのグループで自分の歪みを発表します

そのとき。他の5人はその歪みをデフォルメして体験します。上の例で言うと、「右肩だけ持ち上げて」とか「腰骨は右だけ前に出して」とか「頭は左に傾けて」と言う感じです。

そうすると、あら不思議、デフォルメして体を歪めるとふつふつと陰性の感情が沸き起こってきます。例えば、「悲しい」とか「寂しい」とかの感情です。その感情を自分以外の5人からフィードバックしてもらいます。

私の歪みを体験した人のフィードバックは「放っておいてくれ」、「一人にしておいてくれ」と言うのが多かったです。まさにその感情こそが自分の陰性の部分のベースだったと思います。

 

それからの私は、姿勢というものにすごく興味がわきました。注意してみてみると、静的な立ち姿勢よりも、歩き姿勢を観察するとよく分かります。

そのときに大事なのが「考えることを捨て感じることに集中すること」です。このコツを身に着けてからスゴく他人を読むことに長けてきました。

余談ですが、こうして身に着けた自信が、それまで技術者だった自分を、保険営業という別分野に飛び込ませる原動力となっています。

 

ちょっと横道にそれましたが、瞑想で、体の緊張を感じることはよい事です。この気づきが回りまわって、自分の心と体の開放に結びつきます

 

まだまだ、色々とあるのですが、今日のところはココまでです。

 


広告